アルバイトの特徴的なこと

アルバイトは正社員に比べると一般的には勤務日が少なく短時間に働く人ということが言えます。フリーターみたいに正社員と遜色ないくらい働いている人もいれば、学生みたいに授業やサークル活動などの都合に合わせて働くような人がいます。
よくアルバイトとパートの違いについて聞かれることがありますが、パートタイム労働法によるとアルバイトやパート、臨時社員も含めてパートタイム労働者というくくりになっているので法律的には同じことです。
アルバイトであっても週20時間以上など一定の条件を満たせば会社の社会保険などにに加入することができます。しかしながら、週20時間未満であれば労災保険のみの加入にとどまります。

アルバイトの募集について

自分が就きたい職種があらかじめ決まっているというのであれば、いつぐらいに募集がかけられるのかということについて把握しておいたほうがいいでしょう。例えば引越しのアルバイトであれば2月から4月ごろが繁盛期になります。プールの監視アルバイトであれば夏場が多くなります。このように季節によって繁盛期が変わる場合は繁盛期に人を増やさないといけないために求人の募集があります。
実際の求人の募集は繁盛期に当たる時期の2か月前から1か月前あたりからはじまりますので、そのころから求人誌などをチェックしてみてはいかがでしょうか。

アルバイトの楽しさは

アルバイトは自分の好きな職種について働いて給料をもらえたり、一緒に働いている仲間たちに恵まれた時にはつらいことがあったとしても楽しく働けるのではないでしょうか。単発であれば嫌々やってもいいでしょうが、長期で働くとなると嫌々働くとつらくなりますので、自分の能力が活かせそうな仕事に応募したほうがいいです。
今回はアルバイトを探すための基礎知識ということで、アルバイトをするメリットといざアルバイトに応募する際に知っておいてほしいことについて紹介していきます。